2005年09月30日

●ホワイトニングについて(5)

ホワイトニングについて(5)  大杉歯科診療所 大杉 敦

 前回は、「審美修復」のうち、「ダイレクトベニア」 「ラミネートベニア」についてご説明いたしました。今回は、「セラミッククラウン」「ハイブリッドセラミッククラウン」 「オールセラミッククラウン」ついてご説明したいと思います。
 
「審美修復」にも数種類あり、それぞれ長所や短所、そしてかかる費用などが違います。 自分の症状や費用にあわせたプランを、かかりつけの歯医者さんとご相談されると良いでしょう。

●セラミッククラウン
 歯の周囲をぐるっと削って、歯形をとり、 模型をつくり、模型上で歯の形をしたクラウンを作り、それを接着させる方法。最も一般的な方法です。クラウンの外側は、 歯の白い色をしたセラミックなので、長期にわたって変色もなく安定しています。一般の方が見て、ほとんど天然歯とは区別できないでしょう。 内面は金属でできていて、丈夫なので、ブリッジ(抜いた歯の前後をつなげた差し歯)にも適応可能です。ただし、金属があるので、 金属を使わないオールセラミッククラウンに比べると、透明感や自然な感じはどうしても落ちてしまいます。また、 金属アレルギーがある方には注意が必要です。天然歯よりも硬いので、定期的なかみ合わせのチェックが必要でしょう。

ハイブリッドセラミッククラウン
 上のセラミッククラウンの欠点である「硬すぎる」 という点を改良した素材、ハイブリッドセラミックを使用したさし歯です。透明感はメタルボンドより落ちますが、 咬む力がかかる奥歯などには最適で、変色も少なく、ブリッジにも適応可能です。メタルボンドのセラミックの表面よりは汚れが付着しやすく、 やはり天然歯やメタルボンドやオールセラミックなどと比べると、透明度が無いのが欠点と言えます。

●オールセラミッククラウン
 現在最も審美的な修復といえるでしょう。 まったく金属を使わないさし歯(クラウン)です。透明度などは天然歯と同等がそれ以上で、変色もありません。ですが、 かみ合わせなどによっては割れてしまったり、かけたりしますし、金属を使用しないため強度的に不安がありブリッジには不向きなので、 適応できる症例が限られます。歯科医とよくご相談されることをオススメします。

大杉歯科診療所 大杉 敦 http://www.ohsugi-dental.com/
徳島市南末広町2-62-6 TEL:088-655-3373
※実際の治療にあたっては、掲載されている記事はご参考として、主治医の先生とご相談の上進めて頂きますようお願いいたします。

 

Posted by johohiroba at 2005年09月30日 10:40
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.johohiroba.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/356

トラックバック

クリーニングで歯を白くする 電動歯ブラシ from くちこみ評判良品
歯医者さんでやる歯のクリーニングを手軽に家庭で実現 [続きを読む]

Tracked on 2005年11月05日 14:00

gamefly free trial from gamefly free trial
徳島応援!!ブログサイト 情報広場.com: 2005 [続きを読む]

Tracked on 2019年05月29日 03:09
コメント
コメントしてください




保存しますか?



株式会社 マスエージェント
徳島県徳島市春日2丁目3-33
TEL088-632-6228 FAX088-631-9870
webmaster@johohiroba.com

免責事項
株式会社マスエージェント、ホームページの利用により生じた又は利用できなかったことにより生じた
利用者又は第三者の損害に対していかなる責任も負わないものとします。
株式会社マスエージェントからリンクしている他のホームページの掲載内容又は商品等を保障するものでありません 。
--------------------------------------------------------------------------------
Copyright (C) 2003-2005 Masagent Corporation All Rights Reserved