2005年05月09日

●『 亜洲之風 ~香港の気候編~ 』

writer:老百姓さん

反日デモのニュースが日々伝えられるさなか、周囲の反対にも馬耳東風【香港・マカオ・深セン4日間】 ツアーに参加してきました。
  香港は今では中国に返還されたものの、英国領だった歴史があり、中国大陸とは様々な面で全く異なる国のような感じを受けます。 例えば大陸では車は右側通行ですが、香港は日本と同じ左側通行ですし、チップの習慣も未だに残っています。 それに香港から大陸へ行く時と香港に帰ってくるときには入国審査が必要なのです。また2、3年前の香港ではまだ普通話(大陸での共通中国語) を理解できる人があまりおらず英語が出来ない私は大変苦労をした覚えがあります。(香港は広東語)返還後は普通話を勉強する香港人が増加、 というニュースを見ましたがその現状に探りを入れるのも今回の旅の目的の一つでもありました。

久しぶりの香港。事前に現地の天気、気温を調べておいたので最高気温30℃の暑さは覚悟していましたが、 蒸し暑いのなんのって。だから香港の建物は冷房が嫌と言うほど効かせてあるそうです。香港に行った事がある方はご存知でしょうが、 香港は冷房が付けられる処は全てキンキンに冷やされています。そうする事で除湿をしてカラッと過ごすと言うわけです。 お陰で外は30℃の暑さにも関わらず私たち夫婦は日本で着ていたジャケットが手放せませんでした。 確かにビルの中で働く人たちの中に半袖の人は見かけません。やっぱり寒いと感じているんだろうなぁ。
 
次回は香港の物価についてのお話です。

Posted by johohiroba at 2005年05月09日 09:29
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.johohiroba.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/188

コメント
コメントしてください




保存しますか?



株式会社 マスエージェント
徳島県徳島市春日2丁目3-33
TEL088-632-6228 FAX088-631-9870
webmaster@johohiroba.com

免責事項
株式会社マスエージェント、ホームページの利用により生じた又は利用できなかったことにより生じた
利用者又は第三者の損害に対していかなる責任も負わないものとします。
株式会社マスエージェントからリンクしている他のホームページの掲載内容又は商品等を保障するものでありません 。
--------------------------------------------------------------------------------
Copyright (C) 2003-2005 Masagent Corporation All Rights Reserved